健康宣言

Company

Honda Cars 山陰中央 健康宣言

Health
ホンダ山陰中央株式会社は、お客様・社員・地域社会へ、夢と感動を与えることを目指しています。
お客様・地域社会との接点は会社であると同時に社員一人ひとりであり、その社員が心身ともに健康で個々の能力を最大限発揮することが会社の活性化に繋がり、お客様・地域社会へ夢と感動をもたらすと考えます。
ホンダ山陰中央株式会社は、社員の健康維持・増進を重要な経営課題の一つと捉え、社員一人ひとりが健康で快適に働ける会社づくりに努めることを宣言します。
2019年9月1日
ホンダ山陰中央株式会社
代表取締役社長 金口 伸

健康経営優良法人

Health and Productivity

ホンダ山陰中央株式会社は、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する健康経営優良法人認定制度において、
優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人2022」に選定されました。

健康管理方針

Health Management Policy

第1条(目的)

当社は、「ホンダ山陰中央健康宣言」に基づき、社員及び家族の心身の健康保持・増進と健康で快適な職場環境の形成を目的として、健康管理についての方針を定める。

第2条(態勢)

  • (1)当社は、健康管理を推進・実施するため、代表取締役社長を責任者とする健康経営推進チームを組織する。
  • (2)健康経営推進チームは健康管理に関して年間あるいは中期的な実施計画を定め、推進する。
  • (3)健康経営推進チームは、健康管理の実施状況について、定期的に経営会議に報告する。

第3条(取組内容)

当社は、社員一人ひとりが心身の健康保持増進に自律的に取り組めるよう、健康づくりを支援する。法令遵守を基本とし、予防医学の見地から、以下の枠組みを体系的かつ包括的に健康管理を実施する。

  • (1)0次予防:職場のコミュニケーションの活性化等により、職場の環境を改善に資する取組を推進する。
  • (2)1次予防:研修等による社員への健康啓発や予防接種の実施等により、「疾病予防」に資する取組を推進する。
  • (3)2次予防:健康診断等の実施徹底や健康診断後の保健指導等により、「疾病の早期発見・早期措置」に資する取組を推進する。
  • (4)3次予防:休業と職場復帰制度などの規定や体制の整備等により、「疾病の再発防止・重症化予防」に資する取組を推進する。

健康経営に対する課題と評価

Challenges and Evaluations

重点課題として、「社員の健康維持・増進による生産性の向上及び人材の定着」、「女性の活躍推進」と設定し取り組んでいます。
実施した各種データを把握し、目標に対する施策の検証を実施し効果への評価を行い、更なる改善を継続実施します。

重点・主な取組み
  • 定期健康診断・保険指導の受診勧奨
  • 健康情報等のe-learning実施
  • 受動喫煙・喫煙率対策
  • ストレスチェック
  • 女性の健康課題に関するセミナー
  • 社内レクレーションの実施

健康経営取組体制

Initiative System

健康経営戦略マップ

Strategy Map

経営課題の解決につながる健康課題から、期待する効果・健康保持増進に関する具体的な取組みをつながりを把握し、健康経営を推進しています。

効果検証

Effect Verification
取組状況に関する指標 2019年度 2020年度
健康施策の
取組状況
定期健診受診率 100% 100%
ストレスチェック実施率 100% 100%
有休取得率 74.8% 65.0%
健康に対する行動変容に関する指標 吸煙率 49.1% 35.3%